FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方星蓮船の魔理沙Aの会話集
会話を見やすくするために一部句読点を打ってあります。

○1面
●戦闘前
魔理沙「何という事だ。地上スレスレを飛んでいたら空飛ぶ船に追いつけない事を知った」
ナズーリン「この辺に宝の反応が……なんだ、さっきの人間か。つまらん」
魔理沙「宝の反応だと?この辺に宝があるのか?」
ナズーリン「ハズレさ、ハズレ。どうやら宝の反応は君だったみたいだ。人間はレア度0だから、わざわざ拾わないよ」
魔理沙「私は比較的、ナマのつもりだったんだがな」
ナズーリン「さて、次の宝を探さないと、あのお方の小言を聞くはめになるな」
魔理沙「宝を集めているのか?あの宝船と何か関係があるのか?」
ナズーリン「宝船?空に浮かぶアレの事か?見ようによっては宝船かも知れないが今は違う。ま、人間に用はないが……。可哀想だが私の小ネズミ達が食欲を抑えきれない様子だよ」
●戦闘後
魔理沙「今のネズミは一体なんだったんだ?まさか、宝船がネズミに荒らされたとか。何にしても自分で確かめるしかないか」

○2面
●戦闘前
小傘「ちょっと待ってよ~」
魔理沙「待ってられん。船が私を呼んでいるんだ:
小傘「あらら、先を急いでいるのね?じゃあ私はこの辺で」
魔理沙「……待て。大人しく帰るたあ、怪しい奴だ」
小傘「じゃあ帰らない、暇だもん」
魔理沙「なんだお前?あの船からの回し者か?」
小傘「船?関係無いよ。私は人間を驚かす事を生き甲斐とする愉快な妖怪。と言うわけで驚けー」
魔理沙「知るか」
小傘「ぐすん」
魔理沙「船と関係がないのなら邪魔をしないでくれ。私は忙しいんだ」
小傘「じゃあ、こうしたら驚いてくれるかな?」
●戦闘後
小傘「うらめしやー。驚いた?」
魔理沙「驚かないなぁ。街の妖怪、みんなお前みたいな芸のない奴らばかりだ」
小傘「ぐすん、妖怪の存在意義って……」
魔理沙「雨を凌げるようになれば驚くかもしれんな、その手に持っている奴で」
小傘「なんと、原点回帰しろって事ね!確かにいいかも……」
魔理沙「それじゃ、目的の船に追いついたから私はここで」

○3面
●戦闘前
一輪「妖精やら人間やら有象無象が寄ってたかって……宝物庫狙いなの?」
魔理沙「宝物庫だと?なんという魅力的な響き」
一輪「問答無用!賊の類に掛ける情けは無し」
●戦闘前2
一輪「いやはや、あの拳を見て逃げ出さない人間がおったとは……」
魔理沙「お前を締め上げれば宝が手に入るという物語だったのか。……逃げたな」
●戦闘前3
一輪「何が目的なのかしら。宝物?それとも姐さんの力が目的?」
魔理沙「姐さん、だと?……それよりは宝だな。うん」
一輪「やはりただの賊ね!私は姐さんの代わりに宝物の番をしている一輪。賊は生かしておけないよ!」
魔理沙「あっはっは、賊だって?私を誰だと思っている!ただの賊じゃない、普通の魔法使いさまだ!」
一輪「で?」
魔理沙「まぁそのなんだ、そんな事だから気にしないでくれ」
一輪「……え?何だって、この黒いのが……?」
魔理沙「何?どうした?突然独り言を始めて」
一輪「貴方が飛宝の破片を集めているって雲山が言っているわ」
魔理沙「秘宝の破片だと……?妖精達を狂わせていた変な物体なら拾ったがな」
一輪「ネズミに捜させても埒が空かなかったのに……集めてくれて有難う!これでやっと姐さんが復活できるわ!」
●戦闘後
一輪「素晴らしいわ。今の世にもこんな人間が居たなんて」
魔理沙「その辺の妖怪にゃ負けないよ」
一輪「飛宝を集めてるって事は、貴方も姐さんの復活を望んでいるのでしょう?」
魔理沙「なんだ秘宝って、もしかして、妖怪が落とす変な飛行物体か?」
一輪「良いんです良いんです。貴方も同胞の様ですから」
魔理沙「……なんだ?この変な飛行物体。高価なのか……?」

○4面
●戦闘前
魔理沙「つかまされたぜ。何にも無いじゃないか、この船は。となると、この秘宝とかいう飛行物体でも持ち帰って調べてみるか」
村紗「誰か居るの?人間……?それとも貴方も人間を辞めた者?」
魔理沙「……妖怪か。この船は一体なんなんだ?」
村紗「あら貴方、良い物を持ってるわね」
魔理沙「うん?やっぱりこれが気になるのか?」
村紗「ええ、それさえあればこの船は目的地に向かう事が出来ます」
魔理沙「目的地だと?」
村紗「申し遅れました。私は村紗、この聖輦船(せいれんせん)の船長です。この船は、聖(ひじり)が封印された法界(ほっかい)に向かっています」
魔理沙「法界だと?なんだそれは」
村紗「無限の広さを持つ魔界の、ほんの一角です。そこに聖が封印されているのです」
魔理沙「魔界……」
村紗「恐れをなしましたか?」
魔理沙「いや、魔界には行きたかったんだ。魔法使いとして」
村紗「魔法使い?もしかして人間じゃ無かったのかしら?」
魔理沙「さあな。ま、連れて行って貰おうか」
村紗「ふふ、残念ながら力無き者の乗船は認めておりません。さ、その宝を置いて地上に戻りなさい!」
●戦闘後
村紗「強いわ……。仕方が無い、乗船を認めるわ」
魔理沙「もう乗船してたがな。それで魔界……法界に向かうって言ってたが、乗っていれば着くのか?」
村紗「ええ、貴方が宝を持ってきたのでもう向かっています」
魔理沙「いつもは瘴気が酷くて入れないが、魔界には色々面白い物が落ちているからな。この際だから瘴気は我慢して、珍しい物をいっぱい拾ってコレクションしてやるぜ!」
村紗「ちなみに、この船は片道運行です。法界から戻ってくるつもりは無いですが……よろしかったでしょうか?」
魔理沙「いやちょっと待て。船を止めろ」

○5面
●戦闘前
ナズーリン「おや?君も魔界まで来たのかい?」
魔理沙「おや?いつぞやのネズミじゃないか。やっぱり、魔界に宝の匂いでもするのか」
ナズーリン「宝はもう見つけたよ」
魔理沙「なんだと?狡いな、私は魔界に拒まれて魔界に降り立てないんだが」
ナズーリン「いや、私の探していた宝は魔界の物ではない。法の光を放つこの宝塔さ。丁度良い。この宝、君に試してみよう」
●戦闘前2
魔理沙「うーん。おいおい。魔界に放り出されたのは良いとしても地面に降り立てないじゃないか。何なんだ?この不可解な封印は。これじゃあ、お宝も何も拾えないぜ」
星「貴方が飛宝を集めてくれた人間ね。さあ、早速始めましょうか」
魔理沙「おお?もしかして、ここの中に入れる様になるのか?」
星「ええ、そうです。その為に持ってきたのですよね?その飛倉(とびくら)の破片」
魔理沙「ん?あ、ああ、まあな」
星「私は毘沙門天の代理、聖の信仰を一身に受けていた者です。ナズーリンが持ってきたこの宝塔と貴方の持ってきた飛倉の破片が揃えば、ここの封印を解く事が出来ます。聖への恩を返す事が出来るのです」
魔理沙「ほうほう、で、この封印を解くと何が出てくるんだ?」
星「あれ?知らないで集めていたんですか?飛宝」
魔理沙「あ、いや、その、ちょっとど忘れしただけで」
星「ふむ、その様子だと、最初から知らなかったみたいですね」
魔理沙「てへ」
星「貴方がここに導かれてきたのも、聖が残した飛宝の力かも知れない。しかし、聖の復活を拒む者かも知れないし、ただの賊かも知れぬ……」
魔理沙「いやいや、私はただこの中に入りたいだけで」
星「ただの賊か……。ただ、賊であろうとも飛宝が選んだ人間には間違い無い。もし貴方が道を誤っているのであれば──この毘沙門天の宝塔の前にひれ伏す事になるでしょう!」
●戦闘後
星「貴方の道は間違ってはいなかった」
魔理沙「負け惜しみか?」
星「さあ、封印を解く準備をしましょう」
魔理沙「あ、ああ。そうだな。その前に聞きたい事がある。ここの封印を解くとどうなるんだ?」
星「その後は、聖の考える事です。私達の考えの及ぶ事ではありません」
魔理沙「何か、まずったかも知れないな。大事になったら私が事態を収拾させるしかないか」

○6面
●戦闘前
魔理沙「うえーい。何にもないぜー、この世界。ただ、流石魔界だな。ここに居るだけで魔法の力が湧いてくるというか」
白蓮「ああ、法の世界に光が満ちる。貴方がこの世界を解放してくれたの?」
魔理沙「お前か……。探したぜ」
白蓮「貴方は一体?」
魔理沙「私は魔法使いの魔理沙だ。ちょっと興味があってこんな処まで来ちゃったぜ」
白蓮「そうですか、魔法使いですか……」
魔理沙「お前は何者だ?」
白蓮「私の名は白蓮。遠い昔の僧侶です。いや、魔法使いと言った方が通りがいいかしら?」
魔理沙「何だと?魔法使いだと?お前も同業者なのか?」
白蓮「ええ、そういう事になるのかしらね。だから私を助けてくれたのね?」
魔理沙「いや、そんなつもりじゃなかったんだがな……」
白蓮「それにしても、もう魔法を使っても大丈夫な世界になったのね?私は人間であった頃に不思議な力を使った事で、人から忌み嫌われ、挙げ句の果てに封印されてしまった」
魔理沙「何だと?魔法を使ったが為に封印だと?」
白蓮「ええ、それで私は妖怪の存在を認めて平等を訴えたの。貴方は私の考えを支持してくれますか?」
魔理沙「今の世界は……魔法を使っても大丈夫だと思うが、妖怪と人間は平等ではない!人間の方が弱いんだから、もっと優遇されるべきだ!大体、妖怪が平等と言って平等であった試しがないぜ。お前みたいな妖怪がな」
白蓮「そうですか、私は既に人間を辞めた者。人間じゃない私が平等を訴えても無駄と言う事ね」
魔理沙「そういう事だ」
白蓮「私が寺にいた頃と人間は変わっていないな。誠に浅く、大欲非道であるッ!いざ、南無三──!」

○EX
●戦闘前
小傘「うらめしやー!この間は失敗したわ。人間を驚かすには、やっぱり夜じゃないとね!」
●戦闘前2
魔理沙「何処に消えた?鳥に姿を変えたり、獣になったり……UFOに乗っていたアレはなんなんだ?どうも白蓮達とは関係のない妖怪の仕業って感じがするぜ。ん?なんだ、この不気味な鳴き声は……。獣とも鳥とも赤ん坊とも取れる様なこの鳴き声……まさか!」
ぬえ「聖救出、おめでとう!まさか、飛倉が妖怪退治を専門とする人間の手によって集まるなんてね」
魔理沙「初めて聞いたぜ、正体不明の妖怪の鳴き声。鵺!光の玉の正体はお前だったのか」
ぬえ「ご名答。いや、魔界まで行ってあの僧侶を助けたかと思ったら、まさか、有りもしない幻のUFOをこじ開けて私を追ってくるなんて驚いたわ」
魔理沙「あれ?鵺って、頭は猿で体は狸、手足は虎で尾は蛇じゃ無かったのか?」
ぬえ「さっき、貴方も言っていたじゃない。正体不明の妖怪だって」
魔理沙「ああ言っていたな」
ぬえ「正体不明ならなんで姿が判るのよ」
魔理沙「それは昔からの言い伝えで……」
ぬえ「私は滅多に人間の前に姿を現したりしない。正体不明が、人間を怖がらせる事に一番有効だと知っているからね」
魔理沙「正体知っちまったぜ、私」
ぬえ「飛倉に仕込んだ正体不明のタネに付いて貴方が嗅ぎ廻るから、私の正体不明にキズが付く前に何とかしないとと思ってね」
魔理沙「む、やる気か?UFOがなんだったのか倒してからじっくり聞いてやるぜ!」
ぬえ「知識に頼り、想像する事をやめた人間よ!正体不明の飛行物体(だんまく)に怯えて死ね!!」
●戦闘後
ぬえ「ま、まさか、こんな正体不明の人間にぃ!」
魔理沙「おお、正体不明に怯えるのはお前の方だったみたいだな」
ぬえ「で、貴方の目的は何?また私を閉じ込めるつもり?」
魔理沙「閉じ込める?ああ、そんな趣味はないぜ。それより、このUFOだよ、UFO。どうやら白蓮達にはUFOに見えないらしいが、なんなんだ?一体」
ぬえ「それは、正体不明のタネを仕込んだ飛倉の破片よ。正体不明のタネは、その物体の定義を否定して見た者の知識の中から、それに似合った形として認識させる私の分身」
魔理沙「どういう事だ?」
ぬえ「貴方は未定義の飛行物体を見て、それを円盤UFOと認識したの。だから、UFOに見えただけ」
魔理沙「ほほう?私はUFOは地球に来ていると信じているがな」
ぬえ「その心が、UFOに見せたのよ。人によっては木片、人によっては鳥、獣。もしかしたら、弾幕に見えた者もいるかもね」
魔理沙「そんな事して、何が目的だ?」
ぬえ「ムラサ達の邪魔をしたかったのよ。混乱させて、何事も失敗するようにと。そしたら貴方の大活躍によって飛倉は集められてしまった。私は逆に貴方に興味を持ったわ。だから手助けもした」
魔理沙「手助け、だと?」
ぬえ「ま、結局その人間にこうやって倒されてしまった訳だけど。さあ、人間よ。私を煮るなり焼くなり好きにしなさい!あ、でも地底に閉じ込めるのは勘弁ね」
魔理沙「煮ても焼いても食えそうにないな、こいつ。ま、楽しかったし、今日はこの辺にしておいてやるよ。その代わり、その正体不明のタネとやらを分けて貰おうか」
ぬえ「ええ?まあ良いけどー」
魔理沙「やったぜ、って蛇じゃ無いんだな。こんな光の玉なのか。タネっててっきりUFOの中に入っていた蛇かと」
ぬえ「同じ物ですよ。貴方は、それを正体不明のタネと認識したから姿が変わって見えたの」
魔理沙「ふーん。面白いぜ。あと、霊夢にはまだUFOの正体を内緒にしておこう。この正体不明のタネ、暫くはこれで遊べるな」
NEW / TOP / OLD

  ★Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。