上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぷちらいすけーきをプレイしましたので、その簡単な感想でもでも。

ss0344.png

内容としては、「はこめーりん!」「華扇ノ仙人修行」「SakuyaTraining」という3つのミニゲームが収録されています。
どのゲームもジャンルは違うもののお手軽に楽しめると思います。


「はこめーりん!」は落ちてくる箱を蹴ったり入れ替わりつつ運んで、横1列に揃えて箱を消していくゲームです。
落ちてくる箱に美鈴が潰される、もしくは箱の高さが一定ラインを超えるとゲーム終了となります。

ss0341.png

高得点を狙うには連鎖によるコンボボーナスを狙っていくのが手っ取り早いです。
1列消すと通常だと100点なのが、連鎖で200→300→400→500・・・などと増えていくためです。
ただ、ラインまでに積める箱数が8なことを考えると、5連鎖あたりで止めておくのが無難だと思います。

また、2500点あたりからは横一列を揃えようとするだけでも連鎖になったりするほど落ちてくる箱数が増えます。
処理能力の低さの関係で4000点以上は到達してないので判らないですが、かなりスピードが要求されそうです。


「華扇ノ仙人修行」は妖精を踏みつけて高度を維持しつつ飛行距離を伸ばすゲームです。
高度が維持できず2回落ちるとゲームオーバーとなります。

ss0342.png

こちらは飛距離を伸ばしたい場合、ある程度運が必要となります。
妖精が全く飛んでない、妖精の飛んでる位置が悪いとかだと簡単に落ちますしね。


最後で、「SakuyaTraining」はナイフを投げてリンゴを打ち落としていくゲームです。
ナイフの壁での跳ね返りや時止めを駆使する必要があります。

ss0343.png

STAGE数は全部で20です。
各STAGE毎に投げれるナイフの個数、ナイフの跳ね返り回数が決まっています。

こちらは投げたナイフがどういう経路をたどるかの予測と、本の動きを予測しての投擲や時止めが重要です。
また、目的のリンゴに到達するまでの反射回数を多くすると投擲方向の設定が多少ルーズに出来ることが多いです。
上のssでも、左上のリンゴに当てるは4回の反射で狙えたりしますが、8回反射させて狙う方が安定しますしね。
そのほかには、左上方向90°のみでなく左下や右上といった方向の壁反射を利用すると簡単に到達できる場合があります。

STAGE14、18、19あたりが難易度高めだと思います。
どうしてもクリア出来ないときはぶっ続けで解答を探すよりは、少し時間をおいてからやった方が効率が良いかもしれないですね。
NEW / TOP / OLD

  ★Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。